ニュージーランドトロフィー 2017 展望

ステップレースの振り返り。(今回出走馬の2頭以上が出走したものをチョイス)
特に結論に繋がりそうな傾向は見えてこない(笑)。

 

 

ファルコンS(G3)
中京:芝:1400m

 

34.0-(57.9)-35.0=1.21.1

 

1,4着が追い込みで2,3着が先行と、なかなか評価が難しい一戦。
GCのタイムランクもDなので、テン速い割に走破時計がそれほど速くなくハイレベルとは言えない一戦か。

 

菜の花賞(500万下)
中山:芝:1600m

 

36.4-(60.3)-35.8=1.36.1

 

タイム遅く凡戦。あえて出走馬を評価するならば器用に立ち回ったスズカゼの安定感ぐらいか。

 

ジュニアカップ(OP)
中山:芝:1600m

 

34.2-(58.2)-36.5=1.34.7

 

開幕週かつテン速いの割に時計が出ていない。
あえて評価するなら先行して粘った2,3着馬のほう。1着馬のナイトバナレットは次走惨敗してるところからもハマった感が強い。


朝日杯フューチュリティS(G1)
阪神:芝:1600m

 

35.6-(60.6)-34.8=1.35.4

 

G1にしては前半遅く全体時計も遅く凡戦と位置づけたい。
とはいえ、2歳オープンと考えればレベルは標準的で好走馬は評価してよさそう。

 

JUGEMテーマ:競馬


桜花賞2017 展望

久しぶりに更新した大阪杯の予想が一応当たったので、調子に乗って桜花賞の展望。

いつまで続くやら…。

 

とりあえずステップレースについての独断と偏見。

 

阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)

 

34.7-(58.8)-35.2=1.34.0
※前半3ハロン-(前半5ハロン)-上がり3ハロン

 

ペースがそれなりに速く、走破時計も2歳牝馬としては優秀な部類。
前半5ハロンで58.8、最速上がりがリスグラシューの34.5というところから考えると、先行馬には厳しい流れで勝ち馬ソウルスターリングが強かったというレース。

 

==============

チューリップ賞(G3)

 

34.2-(58.6)-34.6=1.33.2

 

阪神JFよりもテンが速く上がりも速い分、中盤は少しだけ緩んだが走破時計は速いハイレベルレース。
阪神JFの1,2着馬が1,3着と素直に上位3頭が強い。

 

クイーンC(G3)

 

34.8-(59.1)-34.1=1.33.2

 

チューリップ賞と比べると前半がやや遅いがその分上がりが速く、遜色ないレベル。
こちらも素直に上位馬、特に1,2着馬を評価してよさそう。

 

フェアリーS(G3)

 

34.7-(58.0)-36.7=1.34.7

 

中山マイルらしい前傾ラップでかなり上がりがかかっており、先行して2着に残ったアエロリットが強い競馬。その他は流れが向いた感が強く評価は保留。


アネモネS

 

35.1-(58.5)-36.2=1.34.7

 

フェアリーSと似たようなラップだが前半が少し遅い分上がりが速くなって走破時計は同じ。フェアリーSと同じ馬が勝っており、桜花賞に繋がる加点が出来るかは微妙。


フィリーズレビュー(G2)

 

33.5-(57.3)-35.5=1.21.0

 

前半速く走破時計も速いので例年と比べるとハイレベル。
フェアリーSと同様に溜めたもん勝ちな印象で、着順そのままを評価出来ない。
 

==============

 

結局のところ、チューリップ賞・クイーンC・阪神JFがレベル高く、今年の桜花賞は固く収まりそうな予感。

 

JUGEMテーマ:競馬


大阪杯(G1) 2017 予想

久しぶりの更新。

 

さて、春のG1シリーズがスタート。先週の高松宮記念は残念な結果だったので、ここは一つ気持ちよく当てたい。

今回マルターズアポジーにロードヴァンドールと行きたい馬が多い。

そんな大阪杯(そこそこ流れるペース)に繋がるレースとしては、前年の大阪杯よりも宝塚記念のイメージ。

その宝塚記念では厳しい流れを逃げて3着のキタサンブラックは流石の一言。

黙って中心にしたいところだが、人気もあるし展開的には厳しい側に回りそうで…。

その他のステップレースでは京都記念よりも上がりがかかった日経新春杯を重要視したい。

2着のシャケトラはその後の日経賞を完勝するなどレベルは低くなかったはずで、勝ち馬ミッキーロケットは評価に値する。

京都記念は位置取りの差で力負けではなさそうで、そもそも3歳のときにはサトノダイヤモンドと接戦したこともあり

能力はここでも通用する。

この2頭に宝塚記念で掲示板のステファノスの一発を警戒というか期待してみる。

 

◎ミッキーロケット

○キタサンブラック

▲ステファノス

注マカヒキ

△サトノクラウン

△モンドインテロ

 

◎からの馬連と◎=○▲=印の三連複フォーメーションが本線。

 

 

 

JUGEMテーマ:競馬


第68回朝日杯フューチュリティステークス(G1) 予想

本命は初志貫徹で、◎ダンビュライト。

何より持ち時計が速いし、クライムメジャーを物差しにしたらベゴニア賞とサウジアラビアCでは

かなりレベルが違うという判断。

○ミスエルテは話題先行気味で嫌いたいところだが、レースぶりをみると無視出来ない。

▲モンドキャンノは前走が単純に強いと感じたので。距離持てば。

 

◎ダンビュライト

○ミスエルテ

▲モンドキャンノ

△タガノアシュラ

△アメリカズカップ

×ボンセルヴィーソ

×トリリオネア

 

 

JUGEMテーマ:競馬

 

 


第77回菊花賞(G1) 予想 ◎ジュンヴァルカン

○サトノダイヤモンドと注ディーマジェスティの強さは認めつつも、◎ジュンヴァルカンの伸びしろだけに期待。

 

◎ジュンヴァルカン

○サトノダイヤモンド

▲ミッキーロケット

注ディーマジェスティ

△レインボーライン

△シュペルミエール

 

 

JUGEMテーマ:競馬

 

 

 


第21回秋華賞(G1) 予想

シンハライトが離脱すれば、オークス3着で秋初戦圧勝のビッシュを信頼。

内容に差はあれど僅差のカイザーバルを対応に。

オークスでも着順ほど負けておらず牡馬に混じって重賞連対したダイワドレッサーの一発を警戒しつつ。

 

◎ビッシュ

○カイザーバル

▲ダイワドレッサー

△ミエノサクシード

△ヴィプロス

△ジュエラー

 

JUGEMテーマ:競馬

 

 

 


第50回スプリンターズS(G1) ◎ネロ

◎ネロ

○ビッグアーサー

▲ミッキーアイル

△ベルカント

△スノードラゴン

△ダンスディレクター

×ブランボヌール

×レッドファルクス

 

 

JUGEMテーマ:競馬

 

 

 


第64回神戸新聞杯(Ḡ2) 予想

◎エアスピネル

○サトノダイヤモンド

▲カフジプリンス

△ロードヴァンドール

△レッドエルディスト

△ミッキーロケット

×トゥルーハート

 

JUGEMテーマ:競馬


第1回紫苑S(G3) 予想

紫苑Sは毎年難しいが、今回は対戦済みの有力馬が多いので、その上げ下げが大事。

オークスはG1なのでレベルは高いが、フローラSもそれなりに高レベルに見えるので、

フローラSで出来るだけ前に行った馬と枠順を加味して序列付け。

 

◎フロンテアクイーン

○パールコード

▲クィーンズベスト

△ビッシュ

△エンジェルフェイス

×ファータグリーン

×ヴィブロス

 

 

JUGEMテーマ:競馬

 

 

 


第36回小倉2歳S(G3) 2016 予想

◎シゲルベンガルドラ

○カシノマスト

▲クインズサリナ

注キョウヘイ

△ダイイチターミナル

△レーヌミノル

×オールポッシブル

×ドゥモワゼル

×テイエムヒッタマゲ

 

 

JUGEMテーマ:競馬

 

 

 


Affiliates
ネスプレッソ コーヒーメーカー イニッシア バンドルセット ホワイト C40WH-A3B
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
search this site.
profile
最近のエントリ
recent comment
recent trackback
links
archives
others
sponsored links