<< ディセンバーS | main | 第3回阪神カップ(G2) -予想- >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2017.06.04 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

第60回朝日杯フューチュリティステークス(G1) -予想-

いやぁ、愛知杯はひさしぶりに扱ったチュレブリタが邪魔すぎる。。

さて、朝日杯FS。
週の初めから自分には一騎打ちムードしか漂ってなくて「あぁ、1番人気と2番人気なら一点勝負かなぁ。」と思ってたらなんとなんと人気が割れてる。
しかも本命候補一番手が外枠で、逃げ馬が揃ってしまってさあどうする??という感じ。

とはいえ、やっぱり今年の2歳世代はデイリー杯+リーチザクラウンっていうイメージが強いので初志貫徹で。

◎シェーンヴァルト
デイリー杯は見事に差し切り勝ち。この馬、2歳なのに平坦ラップの厳しい競馬しかしていなくて東京とか京都、阪神でスローになったら意外にもろそうなんだけど、ここはG1で逃げ馬揃いならそんな心配もいらない。前走ははっきり行って2着馬のほうが強い競馬をしたと思ってるけど、展開も自在性のある脚質も魅力で1着に一番近い存在。

○ホッコータキオン
内枠なら迷いなく本命にしていた存在。それだけに外枠と逃げ馬の多さがネックで。ただ、シェーンヴァルトを負かすならこの馬の底力が最有力と見た。

ここまではすんなり決まったが、その後の印がなかなか決まらず。ということで、上記2頭の馬連を厚く勝負してみようかな。

セイウンワンダーとブレイクランアウトはともにスロー寄りの差し能力しか見せてくれていないのが不満。人気も被りすぎか。
ミッキーパンプキンは前走をほとんど評価してなくていくらペリエといえども過剰人気すぎ。

エイシンタイガーは前走で中山適性を感じた。詰めは甘いけど好位から競馬出来るところは買い。

人気の盲点になっていそうなのがゲットフルマークス。京王杯は1400mということもあり、レース内容自体には目を見張るものはないんだけど勝ち馬なんだし。距離がどうか?ってのもあるけどそこは人気でカバーか。

◎シェーンヴァルト
○ホッコータキオン
▲ゲットフルマークス
△エイシンタイガー
×セイウンワンダー
×ブレイクランアウト
×フィフスペトル




スポンサーサイト


  • 2017.06.04 Sunday
  • -
  • 02:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
朝日杯フューチュリティS血統分析
明日は2歳チャンプを決める朝日杯フューチュリティS。今日は人気馬の血統を見てみる。ブレイクランアウトNasrullah主導でMr.Prospectorのスピードを強調。Nasrullahのクロスが6本あり日本向きのスピードには見所がある。ただし土台構成が弱く成長性には疑問。クロス
  • にたろうの退屈な日々
  • 2008/12/21 3:42 PM
Affiliates
ネスプレッソ コーヒーメーカー イニッシア バンドルセット ホワイト C40WH-A3B
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
search this site.
profile
最近のエントリ
recent comment
recent trackback
links
archives
others
sponsored links