<< RSRチケット届く。 | main | 第14回函館スプリントステークス(G3) >>

第56回ラジオNIKKEI賞(G3)

なかなか面白いメンツが揃った3歳重賞。

人気どころでは、前走道悪中京で派手な末脚を見せたロックドゥカンブとガルヴァニック(打ちにくい名前・・)はちょっと疑ってかかりたい。フェザーケープあたりもスローで楽な競馬しか経験してないと判断して軽視。

中心は底力とスピードを見せてくれる馬たちで。

◎ハイソサエティー
2戦目のダートと前々走のGI以外はスピードと粘りを見せ付ける完勝。特に前走はまわりがあたふたする中で楽々と追走して、しかも早めに先頭に立って押し切る強さを見せた。負けたG1にしても大敗はしていないから、このメンバーならばちょっと力が抜けている。ハンデキャッパーもなかなかやるなぁ。不安は鞍上のみ。

○イクスキューズ
過酷なローテーションからやっと開放されたかと思ったら、もう出てきた・・。牝馬なのに56kgも背負わせられるというドMぶり・・。とはいえ、過去の実績からすれば当然のハンデとも思える。フローラSを見てると2000mはちょっと長すぎたという気もするし、小回りの福島なら押し切りも十分可能。◎との直線のたたき合いがイメージできる。

▲ショウワモダン
外枠だけが気になるが、スプリングSで見せた粘りと人気のなさを天秤にかけると期待値は高め。

◎ハイソサエティー
○イクスキューズ
▲ショウワモダン
△クランエンブレム
×バブルウイズアラン
×ロックドゥカンブ
×ガルヴァニック
×エミーズスマイル
×フェザーケープ

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
Affiliates
ネスプレッソ コーヒーメーカー イニッシア バンドルセット ホワイト C40WH-A3B
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
search this site.
profile
最近のエントリ
recent comment
recent trackback
links
archives
others
sponsored links