マイラーズカップ 2017 予想

◎イスラボニータ

○フィエロ

▲ダッシングブレイズ

△エアスピネル

×プロディガルサン

×ブラックスピネル

 

京都マイルと重賞実績でイスラボニータが優位。少頭数なので大外も気にならない。

同じく実績の割に人気ないがこのメンツならフィエロが相手筆頭。

ちゃんと走ればダッシングブレイズの一発も。

 

 

JUGEMテーマ:競馬


福島牝馬ステークス 2017 予想

実に難解なレース。

ハンデ戦でもないのでオープンでそれなりに走れている馬から選びたいが、

どうも信頼をおける馬がいない…。

それならばと枠順と去年のこのレースの上位馬に賭けてみよう。

 

◎ハピネスダンサー

○クインズミラーグロ

▲フロンテアクイーン

注クロコスミア

△ウインファビラス

△ウキヨノカゼ

 

◎から馬連と◎=○▲注=印の三連複フォーメーション。

 

JUGEMテーマ:競馬


皐月賞 2017 予想

個人的にはかなり楽しみな皐月賞なのだが、世間的にはそれほど盛り上がってない?

レース発走時刻が待ち遠しい。

 

今年は牝馬でしかも人気を背負ってファンディーナが参戦ということでその取扱が難しい。

まずはファンディーナを置いといて、ステップレースから強かった馬をセレクト。

 

一番手は共同通信杯のスワーヴリチャード。

切れ味があることは分かっている馬だが、このレースではスッと先行して抜け出せる器用さも見せた。

それと余裕たっぷりの圧勝劇もプラス要素。

 

アウトライアーズは前走ウインブライトに負けたが、ちょっと直線窮屈そうな雰囲気があったので、

この人気なら見直せる。中山の田辺さんも信頼出来るし。

 

レイデオロは2歳時は抜けて強いイメージだったが、その後の臨戦過程と負かした相手が小粒なことがあり、

単穴までの評価。開けてみればアッサリってことも十分あるとは思う。

 

ということで上位3頭はスワーヴリチャード、アウトライアーズ、レイデオロ。

これとファンディーナの上下関係を考えたときに、今回は圧勝するほうに賭けてみたい。

数字には現れない大物感をプラスして評価した結果、ちょっとそういうのを見てみたいなぁと。

 

◎ファンディーナ

○スワーヴリチャード

▲アウトライアーズ

注レイデオロ

△アルアイン

△アダムバローズ

△カデナ

 

 

 

JUGEMテーマ:スポーツ

JUGEMテーマ:競馬

 


皐月賞 2017 展望 その2

さてステップレースの振り返り。

まずはトライアルから。

 

スプリングS

中山:芝:1800m

 

36.4-(60.3)-36.3=1.48.4

 

中盤は速いもののテン・上がりともに遅く物足りない時計。

同じ週のファンディーナとは0.3秒差しかなく、物足りない。

せめてもう少し上がりが速ければ。

 

弥生賞

中山:芝:2000m

 

36.6-(63.2)-35.0=2.03.2

 

王道のトライアルで本番よりスローになりがちなレースだが、それにしてもスローすぎる。

勝ち馬カデナはスローな流れを差したのでそれなりに評価出来るけど、

皐月賞に繋がるかと言われると微妙。人気ならこの組は思い切って軽視する手も。

 

若葉S

阪神:芝:2000m

 

35.0-(59.1)-35.9=2.00.3

 

前半それなりに流れ、中盤もさほど緩まず悪くないラップ。

これを2番手から押し切ったアダムバローズは強い競馬。

ただ、過去10年で皐月賞で馬券になった勝ち馬はワールドエースぐらいで、

ちょっとメンバーのレベル的に物足りない面があるかも。

 

 

JUGEMテーマ:競馬

JUGEMテーマ:スポーツ

 


皐月賞 2017 展望 その1

さて、いよいよ今週末は皐月賞。

個人的に好きなG1レースを3つあげろと言われたら、皐月賞・ダービー・天皇賞(秋)と答えるぐらい皐月賞はワクワクします。

 

今年の皐月賞、話題は何と言ってもファンディーナの参戦。

ここ数年は1頭の馬に惚れ込んで買い続けるということをやめてたんですが、久しぶりに毎レースが気になる存在が出現した感じ。

 

なので、皐月賞のトライアルを振り返る前にファンディーナのこれまでのレースについて一言。(贔屓目込み)

 

新馬戦

京都:芝:1800m

 

36.8-(63.4)-34.3=1.50.0

 

時計だけみるとスローだが、この日の京都はかなり時計のかかる馬場でスローで行きながら抜けた上がりで時計を詰めたのは評価出来る。

一戦とは言え、ある程度の時計の裏付けを取れたというのが個人的見解。

ただ、2着に9馬身とそれ以上にインパクトのある勝ち方で話題にもなった。

 

つばき賞(500万下)

京都:芝:1800m

 

38.1-(64.1)-33.9=1.50.6

 

新馬戦よりさらに遅い流れで、しかも馬場は悪くない。

逃げた馬(タガノアスワド)が34.2で楽々逃げ切りかと思われたところを33.0の上がりで差し切り。

一線級の瞬発力を持ってることが確認出来た一戦。

 

フラワーカップ(G3)

中山:芝:1800m

 

36.5-(61.1)-35.3=1.48.7

 

急坂、輸送とハードルは多かったが、直線ほとんど追わずに5馬身差の圧勝。

ややスロー寄りとはいえ、そこそこのペースにも対応できて先がますます楽しみになったレース。

この時点で桜花賞の本命が決定したはずが、まさかの皐月賞参戦へ…。

 

牡馬に皐月賞がイメージ出来る馬がいないので、たぶん本命にします。

 

 

 

JUGEMテーマ:競馬

JUGEMテーマ:スポーツ

 


Affiliates
ネスプレッソ コーヒーメーカー イニッシア バンドルセット ホワイト C40WH-A3B
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
search this site.
profile
最近のエントリ
recent comment
recent trackback
links
archives
others
sponsored links